継続することに意味がある|リフトアップで小顔効果が期待できるウルセラ施術
婦人

リフトアップで小顔効果が期待できるウルセラ施術

継続することに意味がある

カウンセリング

自分に合った方法で行う

シワの治療には、数多くの方法が存在するが、主な治療法はレーザーを使う方法と注射をする方法である。レーザーを使ったシワの治療では、レーザーを皮膚の表面を当てることによって、皮膚の持つ再生機能を促す。しかし、人によっては、レーザーを皮膚に当てることで、皮膚が炎症を起こし、腫れたり、赤くなったりする。注射による治療では、ヒアルロン酸、コラーゲンを注入し、肌を持ち上げることでシワを消す。しかし、ヒアルロン酸やコラーゲンは体内に吸収されてしまうので、継続して治療を受ける必要がある。また、薬剤を注入し、シワの原因となっている筋肉を麻痺させることでシワを予防、解消する方法も存在する。この方法でも薬剤の効果が一定の期間で消えてしまうので、注意が必要である。以上に述べたように、治療には、デメリットがあるので、自分に合った方法を選択することが重要である。

それぞれの特徴を知る

シワの治療法には、主にレーザー、あるいは注射をする方法が存在する。ここでは、それぞれの特徴を解説する。レーザーを用いた方法には、2種類の方法が存在する。それは、皮膚を傷つけずに行う方法と皮膚を傷つけて行う方法の2種類である。皮膚を傷つけずに行う方法は、皮膚に傷をつけないのでリスクが少ないが、効果を得るまで長期間、治療を受けなければならない。皮膚を傷つける方法では、皮膚を傷つけるリスクがあるが、1回の治療で効果が得られる。注射を用いた方法には、顔の皮膚にヒアルロン酸を注入、コラーゲンを注入、もしくは筋肉を麻痺させる薬剤を注入する方法が存在する。ヒアルロン酸、あるいはコラーゲンを注入する方法では、これらを注入することによってシワを消すことができる。筋肉を麻痺させる薬剤を注入する方法では、シワを消すというよりは、シワの予防、解消を行う。しかし、どれを注入しても6か月ほどで効果が消えてしまうので、継続的に治療を受けることが大切である。