女性ホルモンによるシミ|リフトアップで小顔効果が期待できるウルセラ施術
婦人

リフトアップで小顔効果が期待できるウルセラ施術

女性ホルモンによるシミ

女医

原因に合わせて

頬や額などに左右対称に広がる傾向にある肝斑は、女性ホルモンやそれによるストレスなどが原因で発症すると考えられており、それゆえに予防や改善のためには、ホルモンバランスを整える必要があります。基本的には食事や睡眠といった日常生活の見直しを実行し、規則正しい生活をすることが重要です。また一般的な他のシミ同様に、紫外線対策を実施することも忘れてはいけません。そうすることで肝斑だけでなく他のシミはもちろん、病気や肌トラブルなどの予防につながるというメリットもあります。もっとも一度完治したとしても再発の可能性もありますし、日常生活の工夫だけでは完治しない場合などは、皮膚科や美容クリニックを利用して、専門家の治療を受けるようにしましょう。

完治のためには

肝斑を完全に完治するには、やはりプロであるドクターの治療を受けることが一番です。そんな肝斑のための治療方法としては、おもに塗り薬と飲み薬、レーザーなどによる手術といった方法があります。その中でも一番効果的であり、かつ手軽な治療方法として人気が高いのが飲み薬を服用する方法で、とくにトラネキサム酸が有名ですが、他にもビタミンCも有効的として注目されています。また塗り薬としてはアルブチンや甘草油性抽出エキス、ハイドロキノンなどがあり、手術ではレーザーだけでなく光治療や液体窒素による冷凍凝固術などがありますが、ケミカルピーリングやイオン導入なども実施されるケースもあります。ちなみに強い刺激は逆効果としてかつてはレーザーは不向きとされていましたが、現在では性能が進化したことで、レーザー治療も問題なくなっています。